FC2ブログ

聖十字っ子(岩見沢聖十字幼稚園)

園児達の日々の様子をお知らせします

ぞう組(年長)

2019年2月25日(月)~3月1日(金)
ぞう組(年長)
5_20190309073054c77.jpg

今週のぞう組さんは滝野スキー遠足にお茶会、ひなまつりにと行事が盛りだくさんでした。
(^^)

2月26日(火)
誰もお休みもなく、全員でスキー遠足に行ってくることができました。
最後まで頑張ることができて、大満足の子どもたちでした。


2月27日(木)
年中組のお友だちと一緒に卒園式の練習を行いました。
歌や「おわかれのことば」もとても上手になってきていて、それぞれの声の大きさも前回の練習より大きくなり、自信も感じられていますよ。
卒園の歌は、先生たちの涙腺に大ダメージも与えており、今から「卒園式はみんなの顔見れないわ・・・」と心配しているところです。


2月28日(木)
一年間の茶道の集大成として、また先日のお茶会を頑張ったご褒美として宗久先生のお宅へお茶を一服頂きに行ってしました。
玄関では宗久先生の旦那様やお弟子さんがみんなことを待っていてくれ、いつもと全然違う雰囲気にかなり緊張している子どもたちでしたよ。
お茶室に入ると、まず「おしるし」の受け渡しの儀がおこなわれました。
今回は代表のお友だちがみんなの分を受け取ってくれましたよ。
なんとこの日は、茶道の創始者である千利休さんの御命日です。
床の間には利休さんのお軸とお茶が用意されていました。
滅多にお目にかかることはできない、とても貴重なものだそうです。
利休さんにもみんなでお辞儀をし、お茶会が始まりました。
緊張はしているものの、一年間行ってきたお茶のお作法は子どもたちに根付いてきており、みんなしっかり「ありがとうございます」や「おさきに」「どうぞ」「おてまえちょうだいいたします」と挨拶をすることが出来ていました。先週はご亭主さんをしていて食べてなかった、久し振りのお菓子は格別で、食べた瞬間ふわっと笑顔がこぼれていました。
そして、宗久先生が点ててくれたお茶は、自分たちで点てたお茶とはまた違った味わいで、「いつもよりおいしかった!」「クリーミーだった!」ととても嬉しそうでした。
次に宗久先生と合うのは、卒園式。
ちょっと寂しいけれど、年長さんの立派な姿を見せてあげましょうね。

(=^^=)
  1. 2019/03/01(金) 18:40:00|
  2. 幼稚園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nskkiwamizawa.blog.fc2.com/tb.php/3361-56776d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)